チェロ庵

愛知県立芸術大学チェロ専攻によって結成されたチェロアンサンブル”Ensemble Celliberta”のブログです。演奏会などの告知などをしていきます。

スポンサーサイト

Posted by セリベルタ on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平井丈一朗 チェロ・アンサンブルのための頌歌

Posted by セリベルタ on   0 comments   0 trackback

演奏会までの準備の写真を発掘したのでアップしたいと思います☆



さてこのメンバーで平井丈一朗作曲の『チェロ・アンサンブルのための頌歌』を
練習しました!

まず平井丈一朗さんとは…
チェリストです!!

3年程前に桐朋学園出身のチェリスト豪華メンバーで行われた
グランドチェロコンサートでこの作品が初演されました(*^^*)

私の師匠も参加していたコンサート。
グランド・チェロ・コンサートでは作曲者平井さんが指揮をして演奏したそうです!
・・・私も聞きに行ったのですが全く覚えてなくて(^^;)
師匠から聞いてそうだったんだ・・・とすっとぼけてました(笑)


まずはこの写真。
DSC_0026_convert_20120227123328.jpg
こちらの人々は上のパートの人たち。
指板ぎりぎりのところで弾いていてとても大変そう。。。。


こっちは・・・
DSC_0027_convert_20120227123356.jpg
下のパートの人たち。
1チェロの高い音域を1オクターブ下で弾いて支えたり、全体の音を支える人たちが集ってます。


この作品は8パートあって、最初は1チェロから8チェロまで順番に並んでいたのですが
演奏会が近づくと7,8チェロと5,6チェロの座る位置を逆にして(入れ替えて)
やってみたらものすごくまとまったので本番までこの体制をキープ☆

配置は、実はとても重要なのです(`・ω・´)

スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する

Trackback

trackbackURL:http://celloensemble07.blog36.fc2.com/tb.php/74-cce4f9ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。